採用情報

世界の農林水産業や経済金融の動向を
グローバルな視点から調査・分析

私たち農林中金総合研究所は、農林水産業の協同組合を基盤とする農林中金グループのシンクタンクです。世界の農林水産業や経済金融の動向をグローバルな視点から調査分析するとともに、地域における農林水産業と農協・漁協・森林組合の現場に密着した調査研究を通じて、日本の農林水産業の発展と地域社会の振興に貢献することを目的としています。また、現代社会における協同組合の意義について研究し、これからの日本の経済社会のあり方と、そのなかで協同組合が果たすべき役割を考え提言を行っています。

 

日本の農林水産業と地域経済・社会が直面している様々な構造問題をどのように解決し、よりよい未来を作り上げていくか、有効かつ持続可能な施策を見出すためには、質の高い多角的な調査と研究が必要であり、シンクタンクに課せられた使命は重大です。

 

私たちは、このような当研究所の使命を理解し、同じ目的意識をもって調査・研究活動に取り組んでいただける志ある人材を求めています。

 

当研究所は少数精鋭の組織であり、国内はもとより海外に赴く現地調査の機会も多く、同じ目的意識の下に集った研究員たちが各々の研究テーマを追いかけながらオープンに議論し合う、自由闊達な社風の会社です。

 

日本および世界の農林水産業と協同組合、経済・社会に関心があり、調査研究の仕事を通じて貢献していきたいという方が当研究所の門を叩くのをお待ちしています。