レポート検索
  • 詳細検索
  • 農林水産業・食料・環境
  • 協同組合・組合金融
  • 経済・金融
  • その他

書誌情報

論題:TPPと日本の経済連携戦略――日本はなぜTPP交渉に参加したのか――

要旨

日本の経済連携政策は,WTOを中心に据え,FTAは地域としては東アジアを重視し,お互いにセンシティブな部分に配慮する柔軟な協定とする,という方針を採用してきた。
一方世界的には,先進国と途上国の対立が原因となってWTOドーハ・ラウンドやFTAA(米州自由貿易地域)が頓挫し,中国の台頭と相まって,アメリカはアジア重視戦略に転換した。
TPPは,アメリカが南北アメリカ大陸で試みた極端な自由化協定FTAAを,アジア・太平洋地域で再チャレンジしようとするものに他ならない。
そのなかで日本は,従来の政策と断絶しアメリカに同調する形でTPP交渉に参加した。これは非合理的な政策転換である。日本は,真の国益にかなう経済連携戦略を再構築すべきである。

PDF(全文)ダウンロード

http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1311re1.pdfPDF(714.5KB)

刊行年月日 2013年11月01日
更新日 2013年11月01日
掲載コーナー名 論調
著者
石田 信隆(イシダ ノブタカ) : 理事研究員 研究員紹介を見る
出版者・編者 農林中央金庫 発行 / 株式会社農林中金総合研究所 編集
掲載媒体 定期刊行物 『農林金融』
2013年11月号(第66巻第11号 通巻813号) 2~12ページ
掲載号目次 http://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2013-11.html
第一分野 (大区分):経済・金融  (詳細区分):国内経済
ISSN 1342-5749
キーワード FTA,FTAA,TPP,WTO,経済連携,ドーハ・ラウンド
 
Adobe Reade Download
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。
このページの上へ