論題:次期EU共通農業政策(CAP)改革の選択肢提案―食料安全保障、環境、地域の重視と直接支払いの再設計―

書誌情報

掲載日:2011年03月07日 更新日:2012年03月09日

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
タイトル 次期EU共通農業政策(CAP)改革の選択肢提案―食料安全保障、環境、地域の重視と直接支払いの再設計―
要旨 欧州委員会による次期CAP改革の提案(2010年11月)は公開討論、農相理事会、欧州議会の検討内容を反映し、かつEU成長戦略や予算見直し文書への対応も図っている。
 改革の主要課題は公開討論で明らかとなった①食料安全保障、②環境と気候変動、③地域間の均整である。中でも①は新機軸である。総じて、経済危機や農業経営悪化の下で、農家所得のてこ入れや、中東欧諸国に多い小規模経営への配慮、および気候変動など各種の多面的機能が重点となっている。
 直接支払制度は欧州議会の提案を受けて、環境支払い、条件不利地支払、品目別支払いを取り込み、過去実績に基づく支払いは廃止する。また大規模経営や地主への支払いを抑制し、小規模農家への支払いを設ける。
 農村振興政策については競争力、天然資源の持続的管理、均整のとれた地域振興を目指し、かつ環境、気候変動、および革新を指針として強調している。
<地域:欧州(ヨーロッパ)>
刊行年月日 2011年03月10日
著者/研究者紹介
平澤 明彦(ヒラサワ アキヒコ) :基礎研究部 主任研究員
掲載媒体 定期刊行物 『農中総研 調査と情報』
2011年03月号第23号2~3ページ
掲載コーナー レポート-農林水産業
掲載号目次 http://www.nochuri.co.jp/periodical/soken/contents/2011-03.html
第一分野 (大区分):農林水産業・食料・環境  (詳細区分):海外農業
キーワード 2020年へ向けての共通農業政策(CAP),経済成長戦略「欧州2020」,ヘルスチェック,中期予算,中期財政計画,共同決定
出版者・編者 株式会社農林中金総合研究所
ISSN 1882-2460
PDF URL http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/nri1103re1.pdf(610.4KB)
書誌情報URL http://www.nochuri.co.jp/periodical/soken/contents/3843.html