レポート検索
  • 詳細検索
  • 農林水産業・食料・環境
  • 協同組合・組合金融
  • 経済・金融
  • その他

書誌情報

論題:TPPと農産物貿易政策

要旨

TPPをめぐって次のような誤った議論がある。
 ①「日中間の米価格差は1.4倍以下」のように関税撤廃の影響を不当に小さく見る意見、②高いレベルの経済連携と国内農業の振興を両立できるという、安易な考え方、③規模拡大を最大目的とし、「農政トライアングル」がネックとする、実態に合わない考え方、④関税を直接支払いに切り替えるべきだという、無理解に基づく意見。
 単純な貿易の利益しか見ないと、農業の多面的機能の喪失などの市場の失敗を招く。農業の多面的機能の喪失が起きないような貿易ルールづくりが求められ、また、農業の自然資源経済としての特質を踏まえて、農業政策を産業政策、食料安全保障政策、多面的機能の維持・増進政策、農村地域政策として体系化を図ることが望まれる。

PDF(全文)ダウンロード

http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1109re1.pdfPDF(1.5MB)

刊行年月日 2011年09月01日
更新日 2011年09月15日
掲載コーナー名 論調
著者
石田 信隆(イシダ ノブタカ) : 理事研究員 研究員紹介を見る
出版者・編者 農林中央金庫 発行 / 株式会社農林中金総合研究所 編集
掲載媒体 定期刊行物 『農林金融』
2011年09月号(第64巻第9号 通巻787号) 2~12ページ
掲載号目次 http://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2011-09.html
第一分野 (大区分):農林水産業・食料・環境  (詳細区分):国内農業
第二分野 (大区分):農林水産業・食料・環境  (詳細区分):海外農業
ISSN 1342-5749
 
Adobe Reade Download
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。
このページの上へ