論題:チリの食料需給と農産物貿易

書誌情報

掲載日:2012年07月31日 更新日:2012年07月31日

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
タイトル チリの食料需給と農産物貿易
要旨 チリは南米の小国だが、新自由主義的経済運営や開放的な貿易政策と、長期にわたる安定的経済成長を特徴としている。輸出額に占める農林水産物の構成比は6.1%、うち果実は5.2%と、果実を中心としたプレゼンスが大きい。
 最近では、日本を巻き込むTPPの前身となるP4協定の当事国としても知られる。P4協定やTPPでは、例外なき関税撤廃が旗印とされるが、FTA先進国チリにおいてさえ、対EU、韓国その多くのFTAで、小麦、小麦粉、砂糖がセンシティブ品目として関税撤廃の除外品目とされている。
 チリは、農産物貿易赤字解消を目指した輸出促進のためにFTAを推進しつつ、同時に果実振興で生産減となった小麦の保護を合わせ行ってきた。これらは、優れて戦略的な国家政策であるといえよう。
刊行年月日 2012年08月01日
著者/研究者紹介
藤野 信之(フジノ ノブユキ) :基礎研究部 主席研究員
掲載媒体 定期刊行物 『農林金融』
2012年08月号第65巻第8号通巻798号 19~37ページ
掲載コーナー 論調
掲載号目次 http://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2012-08.html
第一分野 (大区分):農林水産業・食料・環境  (詳細区分):海外農業
キーワード TPP,FTA,関税削減,果実,新自由主義,多国籍アグリビジネス
出版者・編者 農林中央金庫 発行 / 株式会社農林中金総合研究所 編集
ISSN 1342-5749
PDF URL http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1208re2.pdf(1.1MB)
書誌情報URL http://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/4412.html