論題:チリの果実生産・輸出の担い手動向

書誌情報

掲載日:2012年09月06日 更新日:2016年11月14日

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
タイトル チリの果実生産・輸出の担い手動向
要旨 チリの果実輸出は、以前はドール等の多国籍アグリビジネスに牛耳られていた。その後、①海外の輸入業者が生産者との直接接触を求めだし、②生産者自身がグループ化して自ら輸出するよになって、多国籍企業のシェアは30%に低下した。スーパーや大手輸出業者に生産者が対抗するには、協同化が必須であることが注目される。
刊行年月日 2012年09月10日
著者/研究者紹介
藤野 信之(フジノ ノブユキ) :基礎研究部 主席研究員
掲載媒体 定期刊行物 『農中総研 調査と情報』
2012年09月号第32号24~25ページ
掲載コーナー 現地ルポルタージュ
掲載号目次 http://www.nochuri.co.jp/periodical/soken/contents/2012-09.html
第一分野 (大区分):農林水産業・食料・環境  (詳細区分):海外農業
第二分野 (大区分):農林水産業・食料・環境  (詳細区分):食品・フードシステム
キーワード チリ,果実,担い手,多国籍企業,グループ化,TPP
出版者・編者 株式会社農林中金総合研究所
ISSN 1882-2460
PDF URL http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/nri1209gr2.pdf(658.1KB)
書誌情報URL http://www.nochuri.co.jp/periodical/soken/contents/4445.html