論題:NAFTA発効後のメキシコ農業――大規模農家に傾斜した農業支持と小農の移民流出――

書誌情報

掲載日:2013年07月01日 更新日:2013年07月01日

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
タイトル NAFTA発効後のメキシコ農業――大規模農家に傾斜した農業支持と小農の移民流出――
要旨 日本にとって大きなテーマとなっているTPPは,これまでのFTAの中で,農産物を含め貿易と投資の全面的自由化を目指すNAFTAに最も近い。NAFTA加盟国のメキシコは,農業生産技術や農家の経営規模などの生産諸要素,政府の農業支持水準等において,米国とカナダに遥かに及ばないが,それでも「例外なき完全自由化」を迫られた。
厳しいNAFTAの環境の下でも,メキシコの農業生産分野は壊滅的な打撃を受けずに,その生産増加が実現された。それができたのはなぜか。一方,多数の零細農家は不法を含め米国への移民に流出し,移民の送金は農村の貧困削減に大きな役割を果たした。NAFTAは貿易,投資だけではなく,大規模な労働力の越境移動をも実現させた最初のFTAとなった。本稿はその詳細を分析する。
刊行年月日 2013年07月01日
著者/研究者紹介
阮 蔚(ルアン ウエイ) :基礎研究部 主席研究員
掲載媒体 定期刊行物 『農林金融』
2013年07月号第66巻第7号通巻809号 22~41ページ
掲載コーナー 論調
掲載号目次 http://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2013-07.html
第一分野 (大区分):農林水産業・食料・環境  (詳細区分):海外農業
キーワード NAFTA,メキシコ農業,貧困,移民,送金,TPP
出版者・編者 農林中央金庫 発行 / 株式会社農林中金総合研究所 編集
ISSN 1342-5749
PDF URL http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1307re2.pdf(1MB)
書誌情報URL http://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/4813.html