レポート検索
  • 詳細検索
  • 農林水産業・食料・環境
  • 協同組合・組合金融
  • 経済・金融
  • その他

書誌情報

論題:2014年農政改革と水田農業の課題――切迫するTPPと政権交代で躍り出た政策転回――

要旨

今般の農政改革の内容は,①農地中間管理機構の創設,②経営所得安定対策の見直し,③水田フル活用と米政策の見直し(米の生産調整の見直し等),④日本型直接支払制度の創設である。
しかし,①農地中間管理機構の創設や,③米の生産調整の見直し等を除けば,政権交代による揺り戻し,先祖がえりに過ぎない面ももっている。
そこで本稿では,近年の米をめぐる農政展開を振り返った後,今回の農政改革の経緯,背景,内容と問題点を整理するとともに,これらを踏まえた水田農業の課題を検討した。
生産調整見直しによって,主食用米過剰も予想されるが,民間取組みで生産調整の維持が必要である。セーフティネットとして地域別生産費を基準とした変動不足払制等(ゲタ)も求められよう。

PDF(全文)ダウンロード

http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1404re1.pdfPDF(1.1MB)

刊行年月日 2014年04月01日
更新日 2014年03月31日
掲載コーナー名 論調
著者
藤野 信之(フジノ ノブユキ) :基礎研究部 主席研究員 研究員紹介を見る
出版者・編者 農林中央金庫 発行 / 株式会社農林中金総合研究所 編集
掲載媒体 定期刊行物 『農林金融』
2014年04月号(第67巻第4号 通巻818号) 2~23ページ
掲載号目次 http://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2014-04.html
第一分野 (大区分):農林水産業・食料・環境  (詳細区分):国内農業
ISSN 1342-5749
キーワード 農政改革,生産調整,農地中間管理機構,日本型直接支払,飼料用米,米政策見直し
 
Adobe Reade Download
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。
このページの上へ