定期刊行物

書誌情報

論題:農産物の安値に直面する米国の農業所得安定化政策─成立から3年目の2014年農業法─

要旨

米国の農業所得安定化政策はこの十年来,不足払いを中心とした制度から保険と収入ナラシへと重点を移してきたが,農産物の継続的かつ大幅な安値・値下がりによって,むしろ不足払いによる安定的な補填の方が有効な時期に入ったようである。
2014年農業法の下では不足払いに代えて収入ナラシを選択する農業者が急増し,その面積シェアは4 分の3 (従来の5 倍以上)に達した。初年次の発動見込みも影響したとみられる。しかし不足払いの発動作目と支払単価が拡大しており,16年には多くの作目で明確に有利となる見込みである。収入ナラシは頭打ちであり,当初の選択が裏目に出る農業者も少なくないとみられる。
綿花はWTO対応で不足払い・収入ナラシの対象から外れたものの,不足払いに近い水準の臨時助成がなされている。綿花専用の収入保険は値下がり補填として不十分であった。
酪農は利幅保険を導入し,本格的な発動が始まっている。ただし有料部分の利用は少なく,補償が不十分との指摘もあり,別途の緊急支援策が打ち出されている。
(地域:アメリカ)

PDF(全文)ダウンロード

http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1609re3.pdfPDF(1.2MB)

刊行年月日 2016年09月01日
更新日 2016年08月31日
掲載コーナー 論調
著者
平澤 明彦(ヒラサワ アキヒコ) :基礎研究部 主席研究員 研究員紹介を見る
出版者・編者 農林中央金庫 発行 / 株式会社農林中金総合研究所 編集
掲載媒体 定期刊行物 『農林金融』
2016年09月号(第69巻第9号通巻847号) 42~65ページ
掲載号目次 http://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2016-09.html
第一分野 (大区分):農林水産業・食料・環境  (詳細区分):海外農業
ISSN 1342-5749
キーワード ARC/PLC,MPP,STAX,農産物プログラム,収入保険
 
Adobe Reade Download
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。
このページの上へ