1. TOP
  2. 刊行物
  3. 経済・金融レポート
  4. 論題:新興・資源国市場は持ち直すも、実体経済は依然弱い~米利上げ観測の後退は一時的に資金還流に寄与~

書誌情報

論題:新興・資源国市場は持ち直すも、実体経済は依然弱い~米利上げ観測の後退は一時的に資金還流に寄与~

15.10.28[ 更新15.10.28 ]

タイトル
新興・資源国市場は持ち直すも、実体経済は依然弱い~米利上げ観測の後退は一時的に資金還流に寄与~
要旨

年内の米利上げ観測の後退で、新興・資源国への資金還流がみられる。一方、原油や他の資源価格は10月上旬をピークに下落に転じているほか、世界的な需要低迷が意識され、新興・資源国経済は低迷している。ゆえに、資金還流は一過性のものとみるべきである。

刊行年月日
2015年11月01日
著者/
研究者紹介
多田   忠義 (タダ タダヨシ) : リサーチ&ソリューション第2部   主事研究員 研究員紹介を見る
掲載媒体
定期刊行物 『金融市場』
2015年11月号 第26巻 第11号 通巻300号  18 ~ 21ページ
掲載コーナー
情勢判断(新興・資源国経済金融)
掲載号目次
https://www.nochuri.co.jp/periodical/market/contents/2015/11/
第一分野
(大区分):経済・金融  (詳細区分):海外経済
出版者・編者
株式会社農林中金総合研究所  
ISSN
1345-0018
PDF URL
https://www.nochuri.co.jp/report/pdf/f1511emc.pdf  611.8KB
書誌情報URL
https://www.nochuri.co.jp/periodical/market/contents/5801.html