1. TOP
  2. 刊行物
  3. 農林金融
  4. 論題:経営耕地の集積の動向とその課題

書誌情報

論題:経営耕地の集積の動向とその課題

12.11.01[ 更新12.11.09 ]

タイトル
経営耕地の集積の動向とその課題
要旨

2010年センサスでは、販売農家の大幅な減少にも関わらず、経営耕地面積の減少はそれ以前に比べ緩やかで、耕作放棄地面積もほぼ横ばいで推移した。ただし、大規模経営体への集積には地域別に大きな格差がみられた。 
この背景には圃場条件や集落機能等の違いがあるとみられ、今後も集積が全国で一律に進むことは難しいとみられる。試算でも比較的集積が進む地域と集積が遅れる地域では、集積割合に2030年時点で2 ~ 3 倍の格差が生じる結果となった。 
条件不利地域を含め、地域農業及び農村社会の維持を図るには、農地集積と並行して、農業経営の多角化や直接所得補償制度の拡充等、地域の持続性に配慮した多様な取組みが必要とみられる。

刊行年月日
2012年11月01日
著者/
研究者紹介
内田   多喜生 (ウチダ タキオ) 役員・理事長・顧問・理事研究員 等   常務取締役 研究員紹介を見る
掲載媒体
定期刊行物 『農林金融』
2012年11月号 第65巻 第11号 通巻801号  2 ~ 13ページ
掲載コーナー
論調
掲載号目次
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2012/11/
第一分野
(大区分):農林水産業・食品・環境  (詳細区分):国内農業
出版者・編者
農林中央金庫 発行   / 株式会社農林中金総合研究所 編集
ISSN
1342-5749
PDF URL
https://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1211re1.pdf  1.1MB
書誌情報URL
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/4510.html