1. TOP
  2. 刊行物
  3. 農林金融
  4. 論題:大規模稲作経営の動向と課題

書誌情報

論題:大規模稲作経営の動向と課題

15.11.02[ 更新15.11.02 ]

タイトル
大規模稲作経営の動向と課題
要旨

1992年の「新政策」で水田農業の経営方向が10~20haとされ,その後育成策や促進的な政策が展開されてきた。稲作農家10ha以上層は1.4万戸,販売目的組織経営体は2 万だが,その田経営面積は各34万ha,25万haと大きな存在になっている(10年)。
大規模稲作の部門収支(経常利益)は横ばいだったが,13,14年産米価の低下で縮小することとなった。経営全体収支の最終利益水準は低く(組織法人では赤字),農業所得の6 割は補助金である(12年)。
全国8 経営体の定点観測では,米価低下のなかで継続規模拡大は2 経営にとどまり, 6 経営で有機等の高付加価値化, 7 経営で消費者・実需者直販が行われ,両者を合わせて7 経営で14年産の平均手取米価( 1 万円/60kg)を大きく上回る米価を実現していた。
国民食料の安定供給の観点では,中小規模農家を含めた多様な農業の共存が必要であり,規模拡大に傾斜し過ぎない農政展開が求められよう。

刊行年月日
2015年11月01日
著者/
研究者紹介
藤野   信之 (フジノ ノブユキ) リサーチ&ソリューション第2部   専任研究員
掲載媒体
定期刊行物 『農林金融』
2015年11月号 第68巻 第11号 通巻837号  2 ~ 19ページ
掲載コーナー
論調
掲載号目次
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2015/11/
第一分野
(大区分):農林水産業・食品・環境  (詳細区分):国内農業
第二分野
(大区分):農林水産業・食品・環境  (詳細区分):食品・フードシステム
キーワード
大規模稲作,農地集積,担い手,規模拡大,直販,米価下落
出版者・編者
株式会社農林中金総合研究所  
ISSN
1342-5749
PDF URL
https://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1511re1.pdf  842.1KB
書誌情報URL
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/5812.html