1. TOP
  2. 刊行物
  3. 農林金融
  4. 論題:木質バイオマス発電の特性・特徴と課題

書誌情報

論題:木質バイオマス発電の特性・特徴と課題

12.10.01[ 更新12.10.02 ]

タイトル
木質バイオマス発電の特性・特徴と課題
要旨

12月7月より、再生可能エネルギー電気の長期・固定買取制度の運用が開始された。
未利用木材バイオマスを燃料とする出力1,000kW規模の専焼発電の木材需要を試算すると,チップ・ベース(生重量トン)で1万トン強,木材の材積ベースで1万3000立方メートル程度と試算される。標準的モデルプラントと言われる出力5,000kW規模では6.5万立方メートルの木材需要が想定され,地域林業にはインパクトをもたらす。また、素材生産―チップ等加工―発電所運営など各段階を通じ、地域における直接・間接の就業創出効果も見込まれる。
マクロ的な木材需要を大きく底上げすることは難しいものの、各段階の適正な収益分配をはかりながら、持続的な地域林業活性化の重要な要素となることが期待される。

刊行年月日
2012年10月01日
著者/
研究者紹介
渡部   喜智 (ワタナベ ノブトモ) 役員・理事長・顧問・理事研究員 等   理事研究員
掲載媒体
定期刊行物 『農林金融』
2012年10月号 第65巻 第10号 通巻800号  21 ~ 36ページ
掲載コーナー
論調
掲載号目次
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2012/10/
第一分野
(大区分):農林水産業・食品・環境  (詳細区分):林業
第二分野
(大区分):経済・金融  (詳細区分):その他
キーワード
再生可能エネ,木質バイオマス,再生エネ電気,林業,未利用木材
出版者・編者
農林中央金庫 発行   / 株式会社農林中金総合研究所 編集
ISSN
1342-5749
PDF URL
https://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1210re2.pdf  1.1MB
書誌情報URL
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/4482.html