1. TOP
  2. 刊行物
  3. 農林金融
  4. 論題:条件不利地域の買い物難民と協同組合

書誌情報

論題:条件不利地域の買い物難民と協同組合

10.11.01[ 更新10.11.09 ]

タイトル
条件不利地域の買い物難民と協同組合
要旨

近年、「買い物難民」問題に関心が集まっている。条件不利地域では買い物難民という言葉が注目されるはるか以前からこの問題に直面してきた。
そこで本稿では、地域に根ざした協同組合が条件不利地域の買い物難民の問題に取り組んでいる事例の調査を通じて、協同組合が買い物難民の問題に取り組むことの意義と問題点を論じる。
協同組合が買い物難民の問題に取り組むことは組合員の生活の維持に寄与するため、相互扶助組織であるという協同組合の性格に照らして極めて高い妥当性がある取組みだといえる。しかし、決して採算を等閑視してはならず、必要に応じて行政等の力を借りつつ、協同組合に余力のある範囲内で、買い物難民の問題に取組むという姿勢が重要である。

刊行年月日
2010年11月01日
著者/
研究者紹介
一瀬   裕一郎 (イチノセ ユウイチロウ) リサーチ&ソリューション第2部   主事研究員 研究員紹介を見る
掲載媒体
定期刊行物 『農林金融』
2010年11月号 第63巻 第11号 通巻777号  32 ~ 47ページ
掲載コーナー
論調
掲載号目次
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2010/11/
第一分野
(大区分):協同組合・組合金融・地域  (詳細区分):その他
第二分野
(大区分):農林水産業・食品・環境  (詳細区分):食品・フードシステム
出版者・編者
農林中央金庫 発行   / 株式会社農林中金総合研究所 編集
ISSN
1342-5749
PDF URL
https://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1011re3.pdf  1.0MB
書誌情報URL
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/3678.html