1. TOP
  2. 刊行物
  3. 農林金融
  4. 論題:中国の2021年中央一号文件のポイント

書誌情報

論題:中国の2021年中央一号文件のポイント

21.07.30[ 更新23.11.24 ]

タイトル
中国の2021年中央一号文件のポイント
要旨

中央一号文件は、その年に最初に打ち出される最も重要な政策文書であり、2004年以降18年連続で三農(農民・農業・農村)問題を主題としている。中国の農政や農業・農村事情についての理解を深めるうえで重要なこの文書のうち、本稿では、21年2月21日に公表された最新の中央一号文件の概要を紹介する。これにより、21年および向こう5年間の中国農政の政策目標、具体的な取組方針や特徴をつかむことを目的とする。

刊行年月日
2021年08月01日
著者/
研究者紹介
若林   剛志 (ワカバヤシ タカシ) リサーチ&ソリューション第1部   主任研究員 研究員紹介を見る
王   雷軒(Wang Leixuan) (オウ ライケン) リサーチ&ソリューション第1部   主任研究員 研究員紹介を見る
掲載媒体
定期刊行物 『農林金融』
2021年08月号 第74巻 第8号 通巻906号  29 ~ 39ページ
掲載コーナー
外国事情
掲載号目次
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2021/08/
第一分野
(大区分):農林水産業・食品・環境  (詳細区分):海外農業
キーワード
中央一号文件,政策目標,貧困脱却,農業の現代化,農村建設行動,農村振興
出版者・編者
農林中央金庫 発行   / 株式会社農林中金総合研究所 編集
ISSN
1342-5749
PDF URL
https://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n2108fc1.pdf  771.1KB
書誌情報URL
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/8532.html