研究員紹介

蔦谷 栄一 (ツタヤ エイイチ)

蔦谷 栄一 (ツタヤ エイイチ)

役職

  • 客員研究員

分野・部署

  • 役員・理事長・顧問・理事研究員 等
研究テーマ

持続的循環型農業
飼料用・米粉用米
放牧型畜産
地域社会農業
都市農業

当サイト掲載の
レポート
2015年10月 地域資源活用による農業展開と地域自給圏の創出――政策提言「地域資源活用で中山間農業のイノベーションを!」を踏まえて――(851.0KB)
2013年09月 水田稲作における担い手問題と法人経営(1.0MB)
2013年04月 コミュニティ農業と耕畜連携からの再生――日本型農業の展開によるTPP参加の流れへの対抗――(948.1KB)
2012年11月 IT活用による農業所得確保と農協系統の役割―大規模農家対策の視点からのIT活用―(1.0MB)
2011年06月 転換点に立つ日本農業と自立・再生の方向―大震災・TPP・食料需給逼迫の波を乗り越えて―(1.5MB)
2010年12月 『協同組合の時代と農協の役割』
2010年11月 協同組合内協同の創造からの農協見直し――相互扶助の原理から共生の原理へ――(874.1KB)
2010年05月 農協農業貸出伸長の今日的意義と課題(100.1KB)
2009年11月 地域社会農業における農協の役割と機能-ビジネスモデルからの農協批判への対応-(149.4KB)
2009年08月 台湾の米生産調整の経過と実情-台湾に見る“日本の近未来”への対応-(111.0KB)
2009年06月 地域社会農業からの基本計画見直し-地域重視による戦後農政の転換-(86.5KB)
2008年10月 「水田維持直接支払い」による非主食用米生産-食料自給率向上と米生産・畜産構造の見直し-(88.6KB)
2008年02月 中国野菜安全性確保の取組実態(89.9KB)
2007年10月 わが国有機農業推進法展開の課題-韓国の親環境農業取組実態を参考に-(115.5KB)
2006年12月 集落営農の実態と兼業農家の位置づけ-JA上伊那の品目横断的経営安定対策への対応から考える-(118.3KB)
2006年10月 国土デザインの中の都市農業-都市農業を考える④-(85.6KB)
2006年07月 『オーガニックなイタリア見聞録―地域への誇り高き国に学ぶ』
2006年05月 都市農業(個別経営)の実情と課題-都市農業を考える③-(140.1KB)
2006年03月 都市農業(地域レベル)の推移と実態-都市農業を考える②-(139.1KB)
2005年10月 EU農業環境政策からみたわが国の課題(204.7KB)
主な研究業績

主要著書に『「農ある地域」からの国づくり』(全国農業会議所)、『日本農業のグランドデザイン』(農山漁村文化協会)、『都市農業を守る』、『オーガニックなイタリア 農村見聞録』、『エコ農業‐食と農の再生戦略』(家の光協会)、『食と農と環境をつなぐ』(全国農業会議所)、『持続型農業からの日本農業再編』(日本農業新聞)『海外における有機農業の取組動向と実情』(筑波書房)などがある。

経歴

1948年生まれ、宮城県出身。東北大学経済学部卒業後、71年、農林中央金庫勤務。農業部部長代理、総務部総務課長、熊本支店長、農業部副部長、96年7月、㈱農林中金総合研究所基礎研究部長、常務取締役を経て、2005年6月から特別理事、2013年10月から客員研究員。持続可能な農業を創る会座長。

その他

農林水産省農林水産技術会議研究分野別評価分科会委員(環境)、独立行政法人・国際農林水産業研究センター顧問などを歴任。早稲田大学・山形大学非常勤講師。 週末は、山梨市牧丘町で自然農法を実践。和笛(横笛・尺八)、リコーダー、フルート、ウクレレ、二胡などの演奏、墨彩画などを楽しむ。農的社会デザイン研究所代表、みんなの家・農土香(のどか)の会会長。