1. TOP
  2. フォーラム・セミナー等イベント一覧
  3. 20240522Webセミナー 「気候と自然との関係を踏まえた企業のサステナビリティ対応について ―農林中央金庫のClimate&Natureレポートに見るビジネスセクターに求められる動き―」

EVENT

フォーラム・セミナー等イベント詳細

受付中

2024 05.22

Webセミナー 「気候と自然との関係を踏まえた企業のサステナビリティ対応についてー農林中央金庫のClimate&Natureレポートに見るビジネスセクターに求められる動きー」

本イベントに関するお知らせ

24.04.24

開催パンフレットを掲載しました
開催概要
開催日時
2024年5月22日(水)13:30~15:00
会場
Zoomウェビナー
参加費
無料
申込URL
https://zoom.us/webinar/register/WN_AFVx5FLiRiSNoZD-yPOhNw
テーマ
気候と自然との関係を踏まえた企業のサステナビリティ対応について
ー農林中央金庫のClimate&Natureレポートに見るビジネスセクターに求められる動きー
コンセプト
2023年9月のTNFDv1.0リリース以降、企業における気候変動と自然資本・生物多様性に対して一体的なビジネスや開示を目指すビジネスセクターの動きが活発化している。今回、農林中央金庫が2024年3月に金融機関では世界に先駆けて発行したClimate&Natureレポートを題材に、これからの金融機関のサステナビリティ対応のあり方と、ビジネスセクターでのネイチャーポジティブ経営に向けた対応、特に自然と関わりの深い食と農のバリューチェーンにおけるトランジションについて解説する。
講演内容

気候と自然との関係を踏まえた企業のサステナビリティ対応について
―農林中央金庫のClimate&Natureレポートに見るビジネスセクターに求められる動き―

 講演者は以下のとおり

講演者紹介
20240522Webセミナー 「気候と自然との関係を踏まえた企業のサステナビリティ対応について ―農林中央金庫のClimate&Natureレポートに見るビジネスセクターに求められる動き―」
講演者紹介
秀島 弘高(ひでしま ひろたか)
TNFDタスクフォースメンバー
農林中央金庫
 エグゼクティブ・アドバイザー

【経歴】
1989年4月~2021年3月 日本銀行勤務
2021年4月~ 農林中央金庫エグゼクティブ・アドバイザー(国際規制担当)
2022年11月~ TNFDタスクフォースメンバー

【主な業績等】
1989年日本銀行入行。2021年4月農林中央金庫入庫。日銀ではバーゼル銀行監督委員会関連事務に通算15年間従事。
バーゼル銀行監督委員会事務局への出向(2002~2005年)、自己資本定義部会共同議長、マクロプルーデンス部会共同議長、同委員会メンバー等を歴任。

【著作】
「バーゼル委員会の舞台裏─国際的な金融規制はいかに作られるか」金融財政事情研究会(2021年5月)
20240522Webセミナー 「気候と自然との関係を踏まえた企業のサステナビリティ対応について ―農林中央金庫のClimate&Natureレポートに見るビジネスセクターに求められる動き―」
講演者紹介
増岡 宏和(ますおか ひろかず)
TNFDタスクフォースオルタネートメンバー
農林中央金庫
 コーポレートデザイン部ストラテジーグループ・サステナブル経営班
 部長代理

【経歴】
2006年(平成18年)に農林中央金庫に入庫。
外国為替トレーディング、運用子会社での機関投資家向けファンドの企画業務を経て、経営企画部門や国際金融協会への出向を通じて国際金融規制・監督対応、国際金融当局向け政策提言を担当、その後リスク管理部門でTCFD提言への対応や環境・社会リスク管理態勢の構築を含むリスク管理枠組みの企画・運用を経験。
2022年より現部署にて、農林中央金庫のネットゼロ、ネイチャーポジティブ、サーキュラーエコノミーなどの実現に向けた取り組みを主導。2023年10月よりTNFDタスクフォースオルタネートメンバー。
20240522Webセミナー 「気候と自然との関係を踏まえた企業のサステナビリティ対応について ―農林中央金庫のClimate&Natureレポートに見るビジネスセクターに求められる動き―」
講演者紹介
梶間 周一郎(かじま しゅういちろう)
農林中金総合研究所 研究員(リサーチ&ソリューション第2部) 研究員紹介を見る
主催
株式会社 農林中金総合研究所
Tel : 03-6362-7705
E-Mail : soumu@nochuri.co.jp
(コーポレート企画部 福田・高橋・荒牧)