1. TOP
  2. 刊行物
  3. 農林金融
  4. 論題:農協の自律的発展・強化の条件-複雑系科学からみた農協-

書誌情報

論題:農協の自律的発展・強化の条件-複雑系科学からみた農協-

05.12.01[ 更新10.09.03 ]

タイトル
農協の自律的発展・強化の条件-複雑系科学からみた農協-
要旨

1 農協は環境変化をうけて組織・事業の改革に取り組んでいるが,協同組合本来の自律的な発展への動きを生み出すという点ではまだ課題が多い。それに関しては,複雑系科学の考え方が大いに参考になる。
2 従来の科学の「要素還元主義」的考え方は,現象を個々の小さな要素に分解してそれらの単純な運動法則から全体を理解しようとする。複雑系科学は,複雑な存在を,主体的に活動する要素が相互に作用し合うものとしてとらえる。近年,組織論の分野でも,複雑系科学の応用がすすんできている。
3 協同組合は,単なる顧客に対する企業ではなく,組合員のニーズを満たすために,組合員自らが作り,参画する組織であり,複雑系科学で明らかにされた考え方は協同組合本来の運動法則ともいえるものである。
4 農協が「創発」を起こしてよりよい姿になるためには,個々の活動をつないでエネルギーを高めること,個々の主体の自立性を高める学習等の強化,異なる分野・階層の組織や取組みが活発に相互作用するための工夫などが重要である。
5 農協には優れた創発の事例もみられる。「要素還元主義」的な考え方に基づく組織・事業改革とあわせ,複雑系としての農協活性化の取組みを同時にすすめるのが望ましい。

刊行年月日
2005年12月01日
著者/
研究者紹介
石田   信隆 (イシダ ノブタカ) 役員・理事長・顧問・理事研究員 等   客員研究員 研究員紹介を見る
掲載媒体
定期刊行物 『農林金融』
2005年12月号 第58巻 第12号 通巻718号  2 ~ 15ページ
掲載コーナー
論調
掲載号目次
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2005/12/
第一分野
(大区分):協同組合・組合金融・地域  (詳細区分):農協
キーワード
組織論,複雑系,創発,農協改革,JA改革,協同活動
出版者・編者
農林中央金庫 発行   / 株式会社農林中金総合研究所 編集
ISSN
1342-5749
PDF URL
https://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n0512re1.pdf  92.0KB
書誌情報URL
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/1779.html