1. TOP
  2. 刊行物
  3. 農林金融
  4. 論題:農村における「しごとづくり」の実践─農業および特定地域づくり事業協同組合制度に着目して─

書誌情報

論題:農村における「しごとづくり」の実践─農業および特定地域づくり事業協同組合制度に着目して─

22.04.28[ 更新23.11.24 ]

タイトル
農村における「しごとづくり」の実践─農業および特定地域づくり事業協同組合制度に着目して─
要旨

2020年6月から特定地域づくり事業協同組合制度がスタートしている。本制度は、財政支援や労働者派遣法の特例措置等を通じながら、安定的な雇用環境と一定の給与水準を確保した職場を地域事業者の労働需要を組み合わせて作り出し、地域の担い手となるべく人材を地域内外から呼び込むことを意図する仕組みであり、新たな移住・定住促進策として大きな注目を集めている。
これまでの地方での雇用創出の発想が企業誘致等を中心としていたのに対し、本制度は地域事業者の労働力不足に着目する点に特徴がある。すでに農業分野でみられる労働需要の組合せの工夫にも近く、農業の事業者がかかわるケースが多い。
なお、本制度の活用は地域の受援力を高める具体的な実践とみることができる。本制度を通じて移住者等の希望を実現していくという発想が持たれること、また、全国的に取組みが広がることを期待したい。

刊行年月日
2022年05月01日
著者/
研究者紹介
石田   一喜 (イシダ カズキ) リサーチ&ソリューション第1部   主事研究員 研究員紹介を見る
掲載媒体
定期刊行物 『農林金融』
2022年05月号 第75巻 第5号 通巻915号  15 ~ 34ページ
掲載コーナー
論調
掲載号目次
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2022/05/
第一分野
(大区分):農林水産業・食品・環境  (詳細区分):国内農業
出版者・編者
農林中央金庫 発行   / 株式会社農林中金総合研究所 編集
ISSN
1342-5749
PDF URL
https://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n2205re2.pdf  781.5KB
書誌情報URL
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/8871.html