1. TOP
  2. 刊行物
  3. 農林金融
  4. 論題:農協-生協間産直を通じた地域農業振興─協同組合間協同と産直交流に着目して─

書誌情報

論題:農協-生協間産直を通じた地域農業振興─協同組合間協同と産直交流に着目して─

17.06.01[ 更新17.06.02 ]

タイトル
農協-生協間産直を通じた地域農業振興─協同組合間協同と産直交流に着目して─
要旨

本稿では,農協?生協間産直の近年の変化を整理したうえで,特徴的な事例を取り上げ,産直を地域農業振興につなげるためのポイントを考察した。
近年の農協?生協間産直は,地域農業振興を主たる目的としていることに特徴が見いだせる。その背景には,生産者の高齢化や他業態の有機農産物販売への参入など,生協が強みとしてきた産直を取り巻く環境が,厳しさを増していることが挙げられる。こうしたなか,農協との連携や,両組合の組合員間交流を基礎としつつ地域農業振興を目指すことを通じ,農協-生協間産直に固有の価値を模索する動きがみられる。
事例からは,両組合の関係深化が,地産地消や環境保全型農業の発展,産直取引の安定,消費者の農業への関心向上に結び付くことが示唆された。農協?生協間産直の今後の発展には,産直交流を支える両組合の組合員組織活動の活発化と,産直事業の効率化とが,好循環をなすことが肝要であると考察される。

刊行年月日
2017年06月01日
著者/
研究者紹介
山田   祐樹久 (ヤマダ ユキヒサ) リサーチ&ソリューション第1部   研究員
掲載媒体
定期刊行物 『農林金融』
2017年06月号 第70巻 第6号 通巻856号  18 ~ 34ページ
掲載コーナー
論調
掲載号目次
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/2017/06/
第一分野
(大区分):協同組合・組合金融・地域  (詳細区分):農協
第二分野
(大区分):協同組合・組合金融・地域  (詳細区分):その他
出版者・編者
農林中央金庫 発行   / 株式会社農林中金総合研究所 編集
ISSN
1342-5749
PDF URL
https://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n1706re2.pdf  784.6KB
書誌情報URL
https://www.nochuri.co.jp/periodical/norin/contents/6373.html